ローン返済額
ちびすけが
成長している。

というか毎日成長しているけど。

ここしばらくずっと家の鍵を締めてもらっているのだけど、上手になってきた。
自分で何でもやりたいのはいいんだけどね。そのくせ靴は自分で履かなかったり、保育園で靴脱がせられたり。
帰りの靴下も私に履かせたがるよな。

自分でやるのと人にやらせるの、何か基準でもあるんだろうか。
あー、多分、自分の気分だろうな。珍しいことはやりたくて、そうでなくことはやりたくない。

今日は登園のときに、エントランスを出たら、最初そうでもなかったのにちょっと立ち止まって植え込みを見ているときにぱらっと雨が。そしてそのままちょっとそこにいたら、だんだん雨が強くなってきて。
傘差したほうがいいよとなる前に、早く進ませようと、「雨降ってくると大変だから早く行こうね」と手を引きつつ保育園のほうに行こうとしたら、「かさもってきたい」と。

マンションのエントランスを出たか出ないか、雨の強さにもよるんだけど、とりあえずがんばればなしでも行けそうだったので、手を引きつつ「戻ると大変だから行こうね」と。

そんな押し問答を繰り返しながら、ちびすけは私の手を握って、ちょっとだけ抵抗するかのように家のほうに戻ろうと引っ張るんだけど、本気ではなく。
私に手を引かれるまま保育園へ。
何度も何度も「かさもってきたい」と言いながら。

タイミングが悪かった。あとは雨の量も多かったらなんだけど。

それさえなければ、ちびすけの希望をかなえることができた。
これで戻る人もいるんだろうな。
罪悪感はあれど、戻ることを考えるとどうしても行ったほうがってなるんだよね。

門のところでもちょっと抵抗していたよなぁ。
門を開けて、私が引き入れたら入ったし、それでもまだ戻りたがっていたけど、雨が降ってくるからとお部屋のほうまで手を引いて。

これがちびだったら、すごい抵抗してしまいには家の方向へ手を離して戻ったりするんだけど。
私が無理にでも言うことを聞かせようとするとギャンギャン泣いて、最後は力ずくで連れて行くことになるんだけど。

ちびすけは少し抵抗してはいたけど、私を困らせるほどではなくて。
もしかしたら、ちびすけは多分何があっても戻らないことを察知していたのかもしれない。
だから、強い抵抗をしても無駄だろうと。

保育園に着いたら、私はちびすけを抱き寄せてずっとなだめていた。
最後に園長先生が抱っこしてくれて、お部屋のほうへ誘導してくれた。
気持ちはわかるんだよ。傘使うの楽しいし、珍しいから。「持って行きたかったよね」となだめていると、「うんと。「帰りに降っていたら持って来るからね」というと「うん」と。
それでもやっぱり私にずっと引っ付いたままで。
気持ちの収めどころが難しいんだよね。

でも、最後は担任の先生から、今日は七夕の集会があるよ、ホールに集まるよと言われてちびすけの顔が「ん?」という感じになり、傘のことは少し落ち着いたみたいだった。

昨日は保育園ママさん宅でお茶会。
今回も楽しかった。
先にお迎え時間の早いママさんがいて見送ったのだけど、その後残っていてつい話し込んでいたら5時のチャイムが。
時間気にしていたはずなのに、つい話し込んで気がつかなかった。
ちびは保育園の前で待機。5時に保育園前と約束していたのに、今回は大幅に遅刻。

今度は気をつけよう。
Posted by ななこ
comment:0   trackback:0
[育児]  thema:育児日記 - genre:育児
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nanaco0924.blog65.fc2.com/tb.php/782-6d92cd42
trackback