ローン返済額
お茶会と先生の退職と
月曜に産休中のママさんに誘われてお茶会へ。

主催したママさんの子が発熱して、そのお家では30分ほどで終了。
別のママさんのおうちで移動してお迎えまでおしゃべり。

今までもやってた人たちはいたらしいけど、呼びかけてくれたママさんはかなりフレンドリーな人なので、私にも声がかかったんだろうな。
いつもママ友関係でうまくいったためしがないので、今回は思ったよりもいろいろお話ができて楽しかった。

そしてその後ちびすけのお迎えに行ったら、担任の先生が退職するというお知らせが。

やめてしまう先生はちびが2歳児のときからお世話になり、卒園までずっと担任で、私は大好きな先生だった。
なので、もうすごいショックで。

2歳児で初めて担任になったときは、卒業したばかりの新人の先生だったんだけど、最初は人数も増えてるのに新人の先生いても大丈夫かな、他にベテランの先生もいるからなんとかなるかなと心配していたところがあった。
初めての懇談会のときに、先生の存在を知り、新人だったことも知り、そのときとても緊張した顔をしていたのを覚えている。

送迎のときもその先生が出てくることはなくて他の先生ばかりだったんだけど、3ヶ月を過ぎたころ、その先生も送迎のときに出てきてくれるようになり、いつの間にか新人で不安そうだった顔が、一人前の先生の顔になっていて、しっかりした感じに。

そして送迎のときや連絡帳に書いてあることを読むうちに、この先生だったら安心してみてもらえるなと思うように。

それから4年間、ずっとちびはお世話に。
ちびが卒園して、ちびすけが進級したら、なんとちびすけのクラスの担任になっていたので、私はもううれしくてうれしくて。

その大好きな先生が退職というのを知り、もうショック。

いつかやめたり、他に異動することは考えられるのだけれど、まさかこんなに早いとは。

去年も退職される先生にお手紙をクラスから渡したのだけど、今回もお手紙をみんなで書くことに。
本当ならもっといてほしかったな。
Posted by ななこ
comment:0   trackback:0
[育児]  thema:育児日記 - genre:育児
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nanaco0924.blog65.fc2.com/tb.php/737-b3da060f
trackback