ローン返済額
ちびすけの遊び
この前ちびといっしょに医者に行ったときに、面白消しゴムをもらっていて、ちびすけはサッカーボールを選んでいた。

ちびも前、選んだことがあったけど。

消しゴムは崩せるので、それを崩しては組み立てるというのが楽しかったのか、ちびすけのお気に入り。
最初は「できない!」と泣いてたけど、私が順番を教えて組み立てているうちに覚えたようで、一人でもできるようになっていた。

で、そのサッカーボールを保育園に持って行っちゃったんだけど、帰りにはなくしていた。

持って行くなと言ったんだけどね。
保育園についてからは、カバンにしまおうねと言ったんだけどね。

ちびすけは聞かずに、ボールを先生に見せたりしていて。
結局そのまま私も戻ったので、ボールをどうしたのかは見ていなかった。

そしてお迎えしたときに、カバンに入っているか確認したら入っていなくて、ジャンバーの中にもなくて、先生に念のためカゴも調べてもらったけれどなかった。

ないことを知ったら、「さっかーほーるほしいの」と口のへの字にして、目に涙をためていた。

だめとも言えないので、次にお医者さんに行ったらねと言ったら、納得してくれた。

帰りも時々思い出しては、「こんど、おいしゃさんいったらほしい」と。

いつ行けるかわからないけど。
というか、行きたくはないけど。行く=調子悪いだから。

そして家に帰ったら、だんなが早く帰ってきていて、なにやらお土産が。
ペットボトルのおまけで小さい缶がついていたとかで、二人分持ってきていた。

ちびすけはさっそくそれを持って楽しそうにしていたけれど、よく遊んでいたピカチュウも持っていて、その缶の中に入れてご飯食べさせたり、寝かせたり。

一人でソファに座ってぼそぼそ言いながら、「ごはんぱべましょうね」とか「おねんねしましょうね」とか。
たべましょうではなく、ぱべましょう。(笑)

ちびすけもころころした声をしながら、楽しそうにごっこ遊び。
あの声は、ちびに似てるなぁ。

それにしても、ちびすけの遊びを見ていると、トイストーリーに出てくるアンディみたいな遊び方だった。
ちびはそういうごっこ遊びみたいなのを家ではしなくて、単におもちゃで遊ぶという感じだったので、アンディみないな創造的な遊び方なんて、本当にできるのか疑問だったけれど、ちびすけはそういったのができるかも。

アンディはかなり高度な話まで作っていたけれど、ちびすけの遊び方を見る限り、ご飯食べてお風呂入れて寝るみたいな流れを作っているのを見ると、多分それなりの年齢だったらできるんじゃないかと。

それから、ちびがチョコを食べているのを見ていると、ちびすけも食べたがるんだけど、まだ早いと思っているので、3歳になったらねと言っているんだけど、ちびすけもよくわかっているのか、「うん」と納得してくれている。

大きくなるのを楽しみにしているっぽい。(笑)
Posted by ななこ
comment:0   trackback:0
[育児]  thema:育児日記 - genre:育児
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nanaco0924.blog65.fc2.com/tb.php/725-b1874876
trackback