ローン返済額
妖怪ふとんはぎ
ちびすけが。

もともと掛け布団を寝るときにかけるのを嫌がるので、今年に入って暑くなってからはかけてなかったんだけれど、それを覚えてしまっているのか、今も寝るときにかけたがらない。
私と一緒にかけるのは、最近ようやくなんだけれど。

で、最近は寒くなってきたので、かけないでいたら風邪をひきそうだから、寝付いたころにかけている。
でも、夜中に目が覚めて掛け布団がかかっているのを知ると、かんしゃくしながら、「いらない!」と言って、私のほうへ押しやる。私のほうじゃないときもあるけれど。

今日も明け方気がついたようでかんしゃくしていたのだけれど、お布団を私に投げつけるように押しやり、その後また寝た。

寝付いたころに、だんながまたかけていたのだけれど、やっぱりしばらくして目が覚めて、「おふとんいらない!」とまたかんしゃく。

それを見ただんなが笑っていた。
どうも、ちびすけに布団をかけたのは、怒るところを見たかったらしいのだけれど。
別にやらないでいいよ。

寝付いていても、布団が足にかかるとセンサーがあるのかすぐ起きるから足にはかけられない。
それにしてもよく気がつくよね。(笑)
Posted by ななこ
comment:0   trackback:0
[育児]  thema:育児日記 - genre:育児
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nanaco0924.blog65.fc2.com/tb.php/686-421e627b
trackback