ローン返済額
お別れ会
10月9日に、母が住んでいた団地でのお別れ会を母が親しくしている人達に開いてもらい無事に終えることができた。

団地の集会所で行ったのだけれど、私は集会所に入るのは初めて。
あるのは知っていて、すぐ横だったんだけれどね。

全部で30名くらい。

簡単なものだと思っていたら、きちんとした祭壇が作られ、横断幕のようなものまで張っていただいていた。
式も形としてきちんとしていて、会の挨拶からお焼香までしていただきその後はお食事に。

費用などは母が入っていた互助会のようなものから出されているということで、こちらの用意はなし。
ただしそれではと思うので、お菓子類などを持っていった。

母がお世話になった方からお話をいただいたのだけれど、みんな本当に母のことを優しい人だと言ってくれていた。

それはおそらくお世辞ではなく、母がした行動などのことを聞いていると本当にそうだったんだと。

母を偲んで集まってくれた人達は、とてもにぎやかに楽しそうにいろんな話をしていて、会を開くことができてよかったと思う。

納骨の前にとか、なるべく早くにと思う気持ちもなかったわけではないのだけれど、気候的に暑いと集まるのも大変だろうなと思って。

まぁ、驚いたのは母からも聞いていたが選挙運動とかの手伝いもしていたらしく、元区議会議員や現職議員の方にまで来ていただいてびっくりだけど。その関連の会にも入っていたのもあって、そういうつながりでなのか仲のいい人も多いようだったし。

母は一人で逝ってしまったが、集まった人達を見ていると母が楽しく暮らしていたのは、ここにいたからなんだとそう思える。
亡くなる前にも母を呼び寄せたほうがいいのではという思いがよぎったのだけれど、そうすることで母の楽しみを無くしてしまう可能性があったのだし。

そして、会を開いたことで、私自身も少しだけだが気持ちの整理がついてきたように思う。
Posted by ななこ
comment:0   trackback:0
[日常]  thema:日記 - genre:日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nanaco0924.blog65.fc2.com/tb.php/597-4b76793b
trackback