ローン返済額
6歳&誕生会
我が家勝手三日祭りに気を取られていて、ちびが6歳という記録を残すのを忘れ。

5歳から6歳にかけてどうだったかというと、結局口答えと天邪鬼については何も変わらず。
聞き分けもよくなったような気がするけれど、ぐずりだすとだめかも。
あと、夜のおむつがまだ取れてないのよね。時々しない日もあるけれどずっと続くわけではない。早く卒業してほしいが。トレーニングみたいなことはしていないので、いつまでかかるのやら。。。

それと私が最近懸念しているのが、私のせいもあるのだけれどあきらめやすくなったということ。
何かにつけて我を通そうとしたときに、それはもうできないと言うのを教え続けてあきらめるように言っていたのだけれど、それが効いてきたのか結構すんなり受け入れることが多い。
でも、それってあきらめない精神を育ててないってことだよなぁと思うことがしばしば。

あきらめずにがんばらせるのと、どうしようもないときに納得してもらうのと、うまく育てたいと思うんだけれど、どうしたらいいんだろうか。


そして今年の保育園の誕生会、去年の記録を見ると行くか悩んでいたけれど、今年最後なので行ってきた。(笑)
記録を見ると、去年と進行は同じで、インタビューに続き、お誕生日おめでとうの歌やお話、それから最後に今月の歌を歌っておしまいだった。

ちびはというと、好きなお友達の名前を行ったりしていたのだけれど、年長組は得意なものの披露ということで、ちびは事前に言っていた通り、LaQで車を披露していた。

インタビュー中はずっと緊張しながら答えていた。ちょっと声も沈みがち。

インタビュー以外の時間は時々私のほうを見て手を振っていたり。(笑)

そして、園長先生のお話はというと、今年も「さる地蔵」だった。( ̄▽ ̄;
てっきり、毎回変わるんだと思っていたんだけれどー。
それとも9月は毎年この話なのか?

それから、今年の先生方の出し物は、いも掘り遠足の話で保育園からバスに乗って芋ほりに行くというお話。(そのまんま過ぎ)
でも、園児がそれぞれ掘り出すお芋はちょっとずつ数と大きさが違っていた。そして最後にどうしても掘れないお芋があるので、ペープサートに出てきた全員で掘るというもの。掘り出したお芋は立体感のある大きなお芋だったんだけれど、今度芋ほり遠足があるからがんばりましょうねで締めくくられていた。

誕生会が終わってホールから出ると、年長組の部屋の前でちびがお待ちかね。(笑)
去年は泣いて行かないでを連発していたのに、今年はあっさり。
誕生会でもらったメッセージつきの写真とお友達からの似顔絵を見せてくれた。
ずっと見ているわけにもいかないので、家でゆっくり見るのを約束。

そんなこんなで誕生会はおしまい。

そのついでに、この前行けなかった子宮がん検診に、近所のクリニックへ。
混んでいるかと思っていたら、全然そんなことがなく。
30分もしないで終了。
検診の結果は2週間後だそうだ。
エコーで子宮を見たのだけれど、筋腫などはないそう。がんは結果が出ないとわからないということだけ。
この前のバリウムのつらさに比べるとなんともなかったような。
Posted by ななこ
comment:0   trackback:0
[育児]  thema:育児日記 - genre:育児
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nanaco0924.blog65.fc2.com/tb.php/590-9a82686c
trackback