ローン返済額
夏休みの旅行
忘れないうちにかいておかないと。

旅行から帰る日にだんなの荷物を合わせてまとめていたら、だんなが準備した洋服を入れていたビニール袋に母の字で日付が書いてあった。
多分、母が亡くなった時に部屋から持ってきた物の荷物を入れていた袋がそのまま残っていたんだね。
なんだか母を一緒に連れてきた気分になってしまった。たかがビニール1枚なのに。

で、今年の旅行はというと。
去年那須に行ったのに、ちびがプールに入りたいというのでプールがある宿を探していたら、結果鬼怒川に。
プールがあるのを楽しみにしていたのに、当日は雨。

予報が外れることを祈っていて、道中のお昼用に弁当の材料も用意していたので当日雨だろうがなんだろうがやっぱり準備。おにぎり、から揚げ、卵焼き、枝豆とプチトマト。

出発したときには雨だったのだけれど、お昼ごろには落ち着いていてパーキングでお空の下、無事にお昼。
が、ちびが調子悪いみたいであまり食べず。
ちびすけは最初食べないかと思っていたら、卵焼きを食べた後、おにぎりも食べてくれた。

お昼の後は、本当ならホテルに直行してホテルのプールのはずだったんだけれどそれができないのでだんなが考えていてくれた観光地に。
まずは華厳の滝に行くことになったんだけれど、ナビ通りに行くといろは坂。まったくの想定外!
華厳の滝に行くのにいろは坂を通るとは考えていなかった。。。だんなも。
おかげでみんなで少し車酔い。
ちびにいたっては駐車場について外に出るなり上着を着ていても寒がったので急遽腰にバスタオル。(汗)

そんなこんなで華厳の滝へ。。。

濃霧だと見えないこともあるみたいなのだけれど、うまい具合に見えていた。
私は初めて見るので、すごいなぁとずっと見ていたかったが、下の階に下りてしばらくするとちびが「おなかいたい」と。
無理はさせられないので、車に戻って出発。
体が冷えたのもあるかもというのと、チェックインまでには早すぎるのでホテル近くの足湯へ。

駅前なので大盛況だったのだけれど、順番待ちして足湯へ。ちびはここでそこそこ温まり回復。
ちびすけも足湯初体験。
しばらくすると、ちびが入っているのを見て自分からも入ろうとしていた。

足湯で時間調整して、そのままホテルへ。

食事の時間を17:30からにしたので、温泉に入るには中途半端なので途中で見かけた公園とつり橋へ散歩に。

こういう観光地の公園て、なぜか公園の体をなしてないというか、駐車場+トイレ+広場という感じ。
つり橋から川を見て渡ったあとにまたUターン。

ホテルに戻った後で、まだ時間があったのでちびが気にしていたプールを探す旅に。(笑)
チェックインの時に何の説明もなかったのと、館内の案内にもどこにも出ていないので本当は幻なんじゃないかと疑ったりしたんだけれど、うろうろ探していたら奥のほうに非常階段のような位置にプールへの入り口が。
のぞいてみたらネットで見たような概観のプールがあった。

残念なのがプールに行くまでの道が鉄製の階段で足元があまりよくなかったのと、さすがに裏庭みたいなところなので木々があって、少し鬱蒼としているところかな。

このプール、帰る日にもまた見たいと言われて、下まで行ってみたいと言われてちびすけを抱っこしたままちびと行ってみようとしたのだけれど、足元が悪くて降りるのが怖くなり私が途中でちびにやめてもらった。

プール見学したあとはお部屋で少し過ごしたあと、夕食の時間になりホールでのバイキング。
子供用のメニューもあり、ちびは食べられる分だけ食べていた。
ちびすけにもご飯や食べられそうなおかずを。

宿泊先ですごかったのはドリンクが飲み放題。
ソフトドリンクだけならまだしも、アルコールも。
おかげで私も心置きなく。
ゆっくり食べたかったけれど、ちびすけが暴れるので食事はほどほど。
カレーがおいしかったのが意外だったかな。

ご飯の後はようやく温泉へ。
ちびが入りたい入りたいと言い続けて時間的にどうしてもご飯の後にしかならなかったのだけれど。
だんなが眠がっていてお風呂入れないかもというので、ちびとちびすけと3人で。
去年はちびすけをだんなに預けてちびと二人で入った分、まだのんびりだったのだけれど、ちびすけもいる今年はのんびりはできず。

ちびは自分で好きにできるので、ちびにそのままおまかせして湯船に入ってもらい、その間にちびすけを洗い、その後ちびを呼んで洗い、最後に私。その間ちびすけはずっと私のそばでお湯の出る蛇口と戯れいてた。

入ったお風呂は露天もあったので、私が体を洗った後はちびとちびすけと3人でまず内風呂、その後露天へ。ただし、ちびはこの後も自分の入りたいほうに入っていたので、私が露天にいても勝手に内風呂に行ったりしてた。
内風呂は段があって下まで入るとそこそこの深さなのだけれど、階段の手前のところにちびすけを立たせたら、ちびすけはわかっているのかそれより先には進まず、立っていた段のところを横に歩いていた。
露天では私が抱っこしないと入り口が狭いので入れないのだけれど、抱っこしていたら深さが自分に合わないとわかっているのか私に素直に抱っこされていた。

お風呂を満喫(私はのんびりしたかったけれど)した後、お着替え。
大勢の人が入っているからなのか、出入り口がびしょびしょで脱衣所も若干濡れている箇所があったので気にはなっていたのだけれど、ちびすけがうれしそうにぺたぺたとしていて、さすがにお着替えさせようとちょっと追いかけたら、すってんゴチンと。走った人が悪いんだけれどね。

お風呂後はほどなくして授乳、お寝んね。
ちびも疲れていたのか早く寝てしまった。

ホテルの部屋ではテレビのリモコンをちびすけがうれしそうに持ち歩いて押していた。リモコン押すとピッピ鳴るし。

夜中何度か授乳したんだけれど、寝相が悪くて布団から落ち授乳しなおしが何回か。

朝。
だんながお風呂に入ってないので先にお風呂にさせようかとも思ったんだけれど、朝食の時間のこともあり先に朝食に。席がとりにくいのもいやなので、開場時間に行くことに。ちびはだんなとも入りたかったので先に行きたかったみたいだけれど。
でも、先にご飯にしておいてよかった。夜は入れ替え制で2回に分かれていたご飯の時間が朝はまったくないので席を確保するというのでは、先にご飯でよかった。
ちびはなぜか食欲がなく、おかゆと味噌汁だけ。
ちびすけは最初パンをかじっていたのだけれど、ためしにご飯をあげたらそっちもよく食べるのでスクランブルエッグとご飯に。

ご飯の後ちび念願の朝風呂。
入ったのは昨日と同じ入れ替え制の露天だったけれど。(夜は女性、朝は男性)

お風呂のあとは出発の準備をして宿を後に。
前日に入った足湯と対になっていると思われる足湯へ。(鬼怒子の湯。前日は鬼怒太の湯)
ここでもやっぱりちびすけは自分でも入ろうとしていたり、自由にさせると足湯から出て行き道路のほうに行こうとするので危なかった。
足湯に行く途中、鬼怒川温泉ホテルのそばを通ったのだけれど、たまたま見えたのが施設のプール。ちびはものすごく気になっていて、往復とも「プールがある」とのぞいていた。

足湯の後は、宇都宮で餃子を食べにお昼。
ところどころでいろんな割引券をもらっていて、たまたま餃子のお店もその割引券があったので行ってみることに。
でも、これが大正解。
いろんな有名人も来ているみたいでお店も有名みたいだったのだけれど、実際食べてみたら本当においしくて、ちびももりもり食べ、ちびすけもご飯がよく進んでいた。
私も大満足だったし、だんなもおいしいと喜んでいた。
おかげで餃子をお土産に買っていた。

いつもならこのまま家に帰るのだけれど、プールにも入れなかったので、去年那須に行ったときにたまたまもらっていたチラシの遊園地に行ってみることに。(とちのきファミリーランド)

付き添いがないとちびは乗れないので、だんなだったり私だったりが付き添いで。
あらかわ遊園で乗ったジェットコースターよりも長めのジェットコースターにも乗り、ちびは楽しそうだった。

ほかにも、「次はあれ乗って、その後でこれ乗って」とちびの頭には計画がいっぱい。

実際最初に乗ったのは、スカイサイクルで、これは私が一緒に行ったのだけれど足で漕ぐので結構大変だったし、その後数時間後に私は筋肉痛だった。

豆汽車と、観覧車、メリーゴーランド、飛行機を打ち落とすような乗り物にも乗った。
ちびもかなり満足。
ちびすけは豆汽車とメリーゴーランドに。

遊園地を後にして、次は道の駅下野に。
天然氷のカキ氷とおいしいジェラートがあるのを以前ニュースで知っていて、鬼怒川行くならついでに行けるかなと。
道の駅に行ったら、展望台兼すべり台があり、ちびはさっそく滑り台へ。
しばらく遊んだ後カキ氷。
ちびはラムネ味。だんながいちごみるく。
ニュースでもやっていたけれど、本当にふわっふわだった。

ジェラートも桃ソルベは丸ごとの桃?と思うような味で、もうひとつイチゴクッキーみたいなのはミルクが濃厚だった。(だんなセレクション)

私もお店が気になったので見てみたのだけれど、野菜も近隣の農家で採れたものを提供していてここで買うほうが安いものもあったのだけれど、うちの在庫とかぶるので我慢。

ホテルの宿泊もよかったし、遊園地もよかったし、ちびが喜ぶようなプランになっていたからこのルートはリピートしたいかも。
というか、リピートしたいと思うのが初めてだったかな。

道の駅を後にして帰ってきたんだけれど、車のナビがなぜか国道で行くルートだったので高速乗らずに国道で。(笑)
しかも別の道の駅にトイレ休憩するか考えていたのに、ちび達は寝ているし、だんなも運転がまだ大丈夫そうというので、そのまま走っていたら結局どこにも止まらずに帰ってこれた。
といっても、夕食を回るおすしに寄り道したんだけれど。

宿もお風呂も遊びもかなり満喫した旅行だったなぁ。
Posted by ななこ
comment:0   trackback:0
[育児]  thema:育児日記 - genre:育児
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nanaco0924.blog65.fc2.com/tb.php/577-c31ebba6
trackback