ローン返済額
もう8月
Twitterに書いていると、ついつい忘れてしまう。

父のときから15年くらいだったか。
7月30日に四十九日を無事終えた。
前回伯父の四十九日で行ったばかりなのに、またお寺に行くことになるとは思わなかった。伯父とうちの菩提寺は同じなので、この前来たばかりなのにという印象がある。

母の兄弟、親戚関係が来てくれて、無事に納骨することができた。
前回来れなかった従兄とその奥さんも来てくれた。
これほどまでにみんなで集まったのって、多分従兄の結婚式以来だったかも。
私自身、結構無頓着なほうなので全然意識したことがなかったけれど、従兄からは野菜をもらったり、別の従姉からはお土産のお菓子をもらったり。
こんなにもいろいろ気を使ってもらってしまって、私としては申し訳ないばかり。

墓石の下には、父の骨壷が。その横に母の骨壷が納められた。
それを見ていた叔父が、後ろにまだ二つ壷があるというのだが、すでに父の横に母が納まっている状態で私が見たので、結局誰のかはわからなかった。
もしかしたら、祖父母かもしれない。

火葬のときは何もできなかったので、今回は少しでもお礼をしたくて、納骨の後に会食。
久々に従兄弟たちと話をしたけれど、母の思い出をあの時こうだったという話を聞き、それを自分が見たことがなかったりすっかり忘れていたことがあったりして、そうやって母の話をしていると悲しい事実のはずなのに、なんだか楽しかった。
祖母の葬式のときに、兄と二人で飲んで話をしていたとか、母は飲んでも強かったとか。(酒の話ばっかりだな)

反対に父は下戸だったのだが、私はその両方があるみたいで酒は飲めるけれどある程度飲むと赤くなる。(笑)

そんなこんなで、従兄に酒を注がれっぱなしになってしまった。(笑)
もてなすのは私なのに。

そうそう、ちびは子供用のご膳を用意してもらっていたのだけれど、あまり食べず、ちびすけは義母が持ってきてくれた離乳食をぺロっと食べた挙句におやつを催促し、さらにはちびが食べなかったご膳のおにぎりまで食べ、最後にはベビーカーの上でぐっすりお昼寝していた。(笑)

久々に集まって、いろんな思い出話をして、悲しさを笑いに変えられたのかな。きっとまだ拭え切れてはいないけれど。

私自身まさかこんなことになると思っていなかったし、この一ヶ月何をしていたのかと思うくらいよく覚えていないんだけれど、気がついたら、もう8月。

一通りのことは済んだけれど、手続き関係が完全ではないのと、香典などの返礼をしないといけないので、まだまだやることがある。
Posted by ななこ
comment:0   trackback:0
[日常]  thema:日記 - genre:日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nanaco0924.blog65.fc2.com/tb.php/568-4e4eb13d
trackback