ローン返済額
ゆっくりと
この前記事を書いてからだいぶ時間が経ってしまった。
Twitterにはちょこちょこ記録しているので、何も書いてないわけではないけれど。

部屋の整理を業者に頼んだ。

私は仕事に復帰した。

あれから毎日母のことを思わない日はない。
いや、母が亡くなるもっと前からずっと。そう、多分結婚してから。ちょこちょこ気にはしていて、ちびを産んだ後はほぼ毎日のように思わないことはなかった。

少しずつ時間は進んでいるいけれど、私は母が亡くなったことを否定したい。
まだ受け入れたくない。

ちびすけはあれから少しまた成長した。上の歯が生えかけてきている。

それから今日はワンワンと言ったら、ちびすけもあんあんと言っていた。
ちびは身長も体重もまた増えた。

来年は小学生になるちびを母に見せたかった。
そして、これからが大変だよと母と話をしたかった。

墓のことで悩んだ。
引き継ぐも引き払うもどちらも大変なのに。

だんなが調べてくれていて、今のところにお世話になるのがいちばんいいだろうと。
昔から伯母達も父も母もあまりいい感じに思っていなかったせいもあって、私もそういうイメージでいたけれど、だんなが調べたところ、それなりにやってくれているほうだというのだ。

墓のことで悩んでいたけれど、少し気持ちが晴れた。
でも、結局母がいなくなったことには変わりない。

あの日、多分私達が来ることを母は楽しみにしていたに違いない。
私もちびすけに合わせたかったし、直前に肺炎になったりして大変だった話もしたかった。
義実家に泊まっていたちびをお迎えしてから、帰るついでに母に合わせるのも楽しみだった。

あの日、実家に行ったときにテーブルの上いつも遊びに行くと必ずくれていた、ボノロンが置いてあった。
きっとちびにあげるつもりでもらっていたもの。

台所にはハーフサイズのチップスター。
多分帰るときにちびのお土産にと思って用意していたんだと思う。

書き忘れていたけれど、ちびすけがご飯を保育園で食べるようになったと言われて大喜びしていた17日。
あの日の夜、お母さんは逝ってしまったんだよね。
ちびすけが普通のご飯を食べられるようになったのは、きっとお母さんの代わりなのかな。

お母さん。お母さん。
ずっとその名前を呼んでばかり。

早くこの気持ちをなんとかしたいけれど、今はまだ晴れない。
Posted by ななこ
comment:0   trackback:0
[日常]  thema:日記 - genre:日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://nanaco0924.blog65.fc2.com/tb.php/561-aa8df1f8
trackback